忍者ブログ
もはや日記の体裁をあきらめました。 一番更新が多いのはご飯の記録。 そのほか趣味の更新とかがたまにあるかなーって言うブログです。
カウンタ
ブログランキング

人気ブログランキングへ
気が向いたら応援お願いしますw
ブログ内検索
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[11/21 bracciale cartier uomo imitazione]
[11/20 réplique collier alhambra occasion]
[11/20 faux bague entre les doigts van cleef]
[11/19 réplique bracelet or blanc cartier]
[11/15 chanel sac a main 2.55 bleu]
アーカイブ
バーコード
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

次の記事:大切な人へ

前の記事:強制的なバトン
b8789341.jpg
2006年11月30日第一刷発行
角川文庫
著者:森見 登美彦
定価:本体1500円


黒髪の「彼女」に恋をしてしまった「先輩」はとにかく彼女の視界に入ろうと努力する。
それは夜の歓楽街であったり、古本市であったり、文化祭であったり・・・。
常に出来事の主役である彼女と脇役である先輩。
果たして2人の関係が進展する事はあるのだろうか!


読んでいて、最初は先輩が嫌いでした(ぁ
ご都合主義でナンパっぽくてなんだこいつはみたいな感じで・・・
けど、読んでいくうちに気付けば先輩の事を応援するようになっていました。
好きな人に好きになってもらいたくて必死な感じとかに自分がダブってしまって・・・。
話しは無茶苦茶だったりもしますが心理的にはとってもリアル。
素敵な読後感を得たい方は是非一読を♪




宜しければ是非。
banner2.gif

拍手[0回]

PR
次の記事:大切な人へ

前の記事:強制的なバトン
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メール
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事にトラックバックを送る
この記事へのトラックバックURL:
- HOME -
つぃったー
おきてがみ
おきてがみ

おきてがみについて
本棚
ブログの住人とか



あし@

Neko

Powered by  [PR]
 | 忍者ブログ