忍者ブログ
もはや日記の体裁をあきらめました。 一番更新が多いのはご飯の記録。 そのほか趣味の更新とかがたまにあるかなーって言うブログです。
カウンタ
ブログランキング

人気ブログランキングへ
気が向いたら応援お願いしますw
ブログ内検索
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
[11/21 bracciale cartier uomo imitazione]
[11/20 réplique collier alhambra occasion]
[11/20 faux bague entre les doigts van cleef]
[11/19 réplique bracelet or blanc cartier]
[11/15 chanel sac a main 2.55 bleu]
アーカイブ
バーコード
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

次の記事:整備

前の記事:エイプリルフール
fd796bbc.jpg
2006年10月30日発行
新潮社
著者:森見 登美彦
定価:本体1400円

京都の闇を垣間見る物語。
舞台は骨董屋であったり、道場であったり、寺であったりする。
それらに共通するのは仄暗さ。
闇に巣食うケモノとは一体なんなのか・・・。
同著者の多作とは雰囲気を別にする短編集。


「夜は短し歩けよ乙女」や「有頂天家族」や「太陽の塔」のイメージを持って読み始めたらびっくりした。
むしろ短編集と知らずに読んでうはって思った(ぇ
色々気になります。余韻を残します。やってくれました。
のほほんとしたファンタジーと言うよりはミステリアスなダークファンタジーって感じでした。
だから狸じゃなくて狐なのかななんて思いました(謎




宜しければ是非。
banner2.gif

拍手[0回]

PR
次の記事:整備

前の記事:エイプリルフール
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メール
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
先日は、ありがとうございました。
こちらにもトラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。
[ 2009/08/06 17:05 藍色 修正 ]
Re:無題
こちらこそw
しかし、トラックバックしてもらう事を露骨に希望するようなコメントは好みません。
[ 2009/08/14 22:28 ]
この記事にトラックバックを送る
この記事へのトラックバックURL:
きつねのはなし 森見登美彦
薄気味悪い座敷に棲む狐面の男。仄暗い空間で囁かれた奇妙な取引。 京の骨董店をめぐる奇譚集。 どれも怪しくて怖いお話でした。京都の街...
[  粋な提案 2009/08/06 17:04  ]
- HOME -
つぃったー
おきてがみ
おきてがみ

おきてがみについて
本棚
ブログの住人とか



あし@

Neko

Powered by  [PR]
 | 忍者ブログ