忍者ブログ
もはや日記の体裁をあきらめました。 一番更新が多いのはご飯の記録。 そのほか趣味の更新とかがたまにあるかなーって言うブログです。
カウンタ
ブログランキング

人気ブログランキングへ
気が向いたら応援お願いしますw
ブログ内検索
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[11/21 bracciale cartier uomo imitazione]
[11/20 réplique collier alhambra occasion]
[11/20 faux bague entre les doigts van cleef]
[11/19 réplique bracelet or blanc cartier]
[11/15 chanel sac a main 2.55 bleu]
アーカイブ
バーコード
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

次の記事:リンク

前の記事:右手がーうーうー

16454ce1.jpg

原題:It's Not About the Bike

2000年8月

講談社

著者:ランス・アームストロング(Lance Armstrong)

訳者:安次嶺 佳子

1700円

 

内容(「BOOK」データベースより)

人生は、ときに残酷だけれどそれでも人は生きる、鮮やかに。世界一の自転車選手を25歳で襲った悲劇―睾丸癌。癌はすでに肺と脳にも転移していた。生存率は20%以下。長くつらい闘病生活に勝ったものの、彼はすべてを失った。生きる意味すら忘れた彼を励ましたのは、まわりにいたすばらしい人々だった。優秀な癌科医、看護婦、友人たち、そして母親。生涯の伴侶とも巡り合い、再び自転車に乗ることを決意する。彼は見事に再生した。精子バンクに預けておいた最後の精子で、あきらめかけていた子供もできた。そして、彼は地上でもっとも過酷な、ツール・ド・フランスで奇跡の復活優勝を遂げる―。

 

感想

最初はツール・ド・フランスの優勝者の本と言う事で軽い気持ちで手に取りました。

ただ、原題にもある通り「自転車の話じゃない」のです。

確かに自転車レースについては実際のライダーならではの文章で綴られていますが、この本のテーマはあくまでも生きること、なのだと思います。

著者のランス・アームストロング氏は生来の挑戦者と言えると思います。

常に何かに挑戦し続ける。分の悪い勝負の中でこそ真の自分を発揮できる。そう言った人物なのだと思います。

それ故に癌との闘いでも彼は守るのではなく攻め続けました。

もしも自分が同じ状況になったなら同じように戦えるだろうか?きっと戦えないと思います。

けれども、かなり高い致死率からの生還者(生き残っただけでなく、復帰後自転車レースの頂点に立つ程の復活を遂げたと言う意味で)が居ると言うだけでとても大きな励みになると思います。

癌は治る。

それを私はこの本から1番強く感じました。

 

 

 

 

宜しければ是非。

拍手[0回]

PR
次の記事:リンク

前の記事:右手がーうーうー
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メール
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事にトラックバックを送る
この記事へのトラックバックURL:
- HOME -
つぃったー
おきてがみ
おきてがみ

おきてがみについて
本棚
ブログの住人とか



あし@

Neko

Powered by  [PR]
 | 忍者ブログ