忍者ブログ
もはや日記の体裁をあきらめました。 一番更新が多いのはご飯の記録。 そのほか趣味の更新とかがたまにあるかなーって言うブログです。
カウンタ
ブログランキング

人気ブログランキングへ
気が向いたら応援お願いしますw
ブログ内検索
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[11/21 bracciale cartier uomo imitazione]
[11/20 réplique collier alhambra occasion]
[11/20 faux bague entre les doigts van cleef]
[11/19 réplique bracelet or blanc cartier]
[11/15 chanel sac a main 2.55 bleu]
アーカイブ
バーコード
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

次の記事:海の底

前の記事:六番目の小夜子

b0462ab7.jpeg

集英社文庫(2002/06/25)

著者:真保 裕一

800円

 

 

内容(「BOOK」データベースより)
ロサンゼルスの日系企業で働く探偵のサム永岡は、一人の若者を探すように命じられた。国境に近い町で見つけた彼は、天使のような笑顔を見せながらいきなり発砲してきた―。人としての境界を越えた者と、そんな息子の罪を贖おうとする父親。ふたりにかかわった永岡もまた、内なるボーダーラインを見つめる…。重層的なテーマが響く傑作長篇。

 

感想

犯罪者には犯罪を犯す理由がある・・・と言う観点から思考を進める推理は多いと思う。

けれど、このボーダーラインにて捜査の対象になっている相手は犯罪を犯すのに理由を必要としない。

血縁者も他人も区別なく、握手をするのと同じレベルで人を殺す。

ある出来事をきっかけに行動パターンを全く別のものにした主人公のサムが、内なるボーダーラインとどう向き合うのか見ものですw

 

 

 

 

宜しければ是非。

拍手[0回]

PR
次の記事:海の底

前の記事:六番目の小夜子
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メール
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
うーん、結構重そうだねぇ…
面白そうだけど、読むのは時間が出来てからかなw
[ 2009/09/24 22:01 はゆ 修正 ]
Re:無題
重いかもねぇ、前半と後半で随分展開が違うし(ぇ
そっか、まぁそのうちどうぞw
[ 2009/10/11 19:25 ]
この記事にトラックバックを送る
この記事へのトラックバックURL:
- HOME -
つぃったー
おきてがみ
おきてがみ

おきてがみについて
本棚
ブログの住人とか



あし@

Neko

Powered by  [PR]
 | 忍者ブログ